アルコールの分解を早めるには多量の亜鉛が必要。
翌日の朝からスッキリ!亜鉛たっぷりの牡蠣エキスサプリ
公式サイトは以下の画像をクリック


アルコールが抜けるまでにかかる時間は?

アルコールが抜けるまでの時間

今年も飲み会シーズンと言われる年末が近づいてきました。

 

飲み会は楽しいイベントでもありますが、同様に不安に感じる部分が出てくることも多いのではないでしょうか?

 

例えば仕事での利用や通勤の際に車を運転しなくてはならない方にとってお酒を飲んでから抜けるまでの時間を知っておくことは飲酒運転を避ける上でも大切な事になりますのでご紹介しておきますね。

 

一般的にアルコールが抜けるまでの時間には個人差が存在しており、「○○時間経過すれば大丈夫」という安易な考えは危険でしょう。

 

アルコールが抜けるのに個人差が生じている理由については主に体重、飲んだ量、アルコール度数が関わっているとされていて、体重に関しては1Kgあたり0.1Kgのアルコール(純アルコール)を一時間の間で分解できることが確認されていますね。

 

要するに50Kgの体重の人だと5gを一時間で分解できることになり、体重が多い人はその分肝臓も大きくなりますので分解できる量も増加するというわけです。

 

当然ですが、飲んだ量が多く度数が高いお酒ほど抜けるまでには相応の時間が必要となる点は覚えておいてください。

 

 

ちなみに計算式は以下のようになります。

 

【飲んだお酒の量×度数(5%だと0.5で計算)×0.8(アルコール比重)】

 

純アルコール量を算出、それを体重と照らし合わせることでアルコールが抜けるまでの時間を逆算することが可能ですね。

 

ただ、個人差には体質によるものも存在するのであくまでも目安として活用していただければと思います。